エステサロンツツイ スタッフブログ

【ご案内】
・お肌の悩みに合わせた無料カウンセリングを実施中です。詳細はこちら>>

保存版◎紫外線から肌を守る対策:日焼け止めの選び方まで

こんにちは♪

大阪心斎橋エンビロン正規取扱店エステサロンツツイ 浅山です。


皆さんは紫外線の影響を受けるのは

夏の暑い時期だけだと思っていませんか?

実は…曇りの日や雨の日でも紫外線は地上に届いています。


【紫外線に当たるとシミが出来る!!】

だけのイメージが強いですが、実はそれだけではないのです。

シミが濃くなってきた方へ必見ブログはコチラ

紫外線が肌に当たると、どのような変化が肌に起きるのでしょうか??

当記事では紫外線が肌に与える影響と

紫外線の対処法や対策についてご紹介していきます(*^^*)

紫外線の影響をうけると肌はどうなる??

紫外線が肌に当たりすぎると、 身体は自然に2つの防御反応を起こします。


一つ目は、色を黒くする


二つ目は、皮膚を硬くする

色が黒くなったり、シミが出来たりすることは世間一般的に知られていることですが、

皮膚がゴワゴワしたり、硬くなるのも、

紫外線からのダメージを最小限に抑えるための、肌の防御反応なのです。


そんな紫外線から肌を守るにはどうしたら良いのでしょうか??


紫外線から肌を守る4つの対策ポイント

普段の生活で取り入れられるものから、詳しくご紹介させて頂きますね。

紫外線対策その①食べ物

トマト 特に調理されたトマトには多くのリコピンが含まれます。

リコピンとは赤い果物に含まれるカロテノイド色素で、植物はこの色素を太陽から身を守るために活用することが知られていますね。

なのでカロテノイドを多く含んだ鮮やかな色をした果物や野菜を摂取することで、日光に対する耐性を上げることができます。


サツマイモ はリコピンと同様に果物や野菜に含まれるオレンジ色素であるβカロチンも日焼け対策として効果的です。

βカロチンを最も多く含んでいる野菜はサツマイモです!

紫色のサツマイモはおいしいだけでなく、シアニジンやペオニジンなどUV対策の化粧クリームにも使用されている酸化防止効果のある色素が多く含まれています。

βカロチンは、他にもにんじんやバターナットスクアッシュ(カボチャの一種)や緑の野菜にも多く含まれています。


ブロッコリー 緑の野菜は、日焼け防止に効果があり、日焼けした肌を修復する作用もあります。

βカロチンに加えて、緑の野菜の多くは葉酸やビタミンA、C、E含んでいます。

特にブロッコリースプラウトには皮膚がん予防に効果があるとされているスルフォラファンが多く含まれています。


鮭やニシン、サバ、マスやイワシなどの冷水魚には日光から肌を守る効果のあるオメガ3脂肪酸が多く含まれています。


※なかなかお食事から取り入れるのが難しい方は、【エンビロンドクターズサプリ】がおススメ

サプリメントはコチラ


紫外線対策その②服

衣服は目の詰まった木綿素材が効果的です。

色味は暗くない色味が効果的です。

なぜなら、紫外線を跳ね返す役割なら光を反射させる白のほうが適しているけれど、 白いトップスだと写真撮影時に顔色を明るくするために使うレフ板のように、 顔まわりに光を反射してしまうようです。

アスファルトなどからの反射光が顔に当たり、より日焼けしてしまうのだとか(汗)


たしかに「雪焼け」という言葉もあるように、反射光による日焼けはあなどれませんね。


ということで、トップスは白は避けた方がよさそうです


紫外線対策その③目



特に目の周りの皮膚は、他の身体の皮膚の1/8~1/10と非常に薄くデリケートで、紫外線をはじめとする様々な外からのダメージを受けやすい上に対策をしづらい部分です。

サングラスを掛けることで、眼そのものを守るだけでなく、目元の皮膚の紫外線対策も手軽に行うことが可能なのです。


あとは紫外線カット加工されているレンズであるかどうかが重要です。

レンズの色が濃いからと言って紫外線がカットされているわけではありません。


サングラスの場合、レンズの色が濃すぎると瞳孔が開き見え方の質が下がりコントラストが下がったりします。

自分に合わないレンズは、疲れ目の原因になる可能性がありますので、見やすさでレンズを選びましょう。


紫外線対策その④日焼け止め

日焼け止めは、肌への影響を与える紫外線から肌を守るのに欠かせないアイテム!

しかし、一口に日焼け止めと言ってもたくさんの種類が販売されています。

『どれを買ったらいいのか分からない・・・』『SPF値が高いほど良い!』というようなお声も頂きますが、きちんと良いものを選ばないと、日焼け止めを塗って紫外線から肌を守っているはずなのに、

知らぬ間に肌に負担をかけてしまっていることもあります。


日焼け止め選びのポイント

※ここが一番重要です!!!!※

日焼け止めに含まれる、紫外線防止剤には大きく2種類あります。


一つ目は、紫外線の一部を科学的に吸収する紫外線吸収剤です。

二つ目は、紫外線を散乱させる紫外線散乱剤です。

紫外線防止剤の使い方としては、普段はSPF値のマイルドなもの(SPF20)をおすすめします。


〈SPF値が高ければ高いほど効果的か?〉といった質問をたくさんいただきます。


ではSPFとはいったい何の指数でしょうか?


日焼け止めの【SPF】とは?

SPF1=20分

これは、素肌の人が、一般的に日焼けするのに20分程度かかるといわれています。


SPF50の場合、50倍の日焼け防止効果があるので、600分 効果が持続するといっています。


SPF50の場合は、16時間ということになります。

そもそも太陽はそんな時間まで出ていないですよね。

普段使いにはSPF20前後で十分サポートできます。


あとは、SPF値の高いもの使用しても、結局は汗をかいたりすることもあり、

SPF値が高くても効果は持続しないこともあります。

〈SPF値が高くなることのデメリット〉

強力な紫外線防止剤には高濃度の紫外線吸収剤が配合されていて、 紫外線を吸収するとこの紫外線吸収剤自体がフリーラジカル化(活性酸素)するのです。

フリーラジカルが発生することで、光老化(しみ・しわ・たるみ・エイジング)の原因を作ってしまします。

肌への負担が高くなってしまいますね。


日焼け止めをお選びいただくポイントはご理解いただけましたか?

「どんな日焼け止めを選ぶといいの?」ということで。

そんな日焼け止め選びに迷った方に…

是非ご紹介したいのがエンビロンの日焼け止め

ラドエンリッチドサンスクリーン

ラドシールドミネラル

です(*^^*)♪


エンビロンの日焼け止めがおすすめな理由!

1、SPF15で普段使いにもGOOD(上からファンデーションなど重ねるとさらに効果的)

2、ビタミンC・E配合で、フリーラジカルを無力化してくれます!

3、配合されているビタミンCは脂溶性で、皮膚内に吸収されると30時間前後存在し続けます。

汗をかいても、水泳しても紫外線防止剤としての効果が保たれます!!

エンビロン日焼け止めの詳しい記事はこちら▶▷

『エンビロンの日焼け止めどっちがいいの?ラドエンリッチドサンクリーム・

ラドシールドミネラルサンスクリーン』

https://www.tsutsui-esthe.com/blog/p/899


私は、エンビロンの日焼け止めの効果を知ってからは、どんな時も欠かせません。

アットコスメでも大人気のようですね!

エンビロンの日焼け止めで、予防と改善をおこなっていきましょう!!


まとめ

1、緑黄色野菜・魚(冷水魚)を積極的に摂りましょう。エンビロンドクターズサプリもGOOD!

2、トップスは明るくない色(黒など)で、木綿素材がさらにGOOD。

3、目元ケア!サングラスまたは、紫外線カット材の眼鏡を利用しましょう。

4、日常の日焼け止めは、SPF20前後 エンビロンの日焼け止めを推奨!

 

エンビロン5つ星サロン エステサロンツツイ

エステサロンツツイは、大阪心斎橋のツツイ美容外科「メディカルエステ部門」から独立した、美容外科付属のメディカルエステサロンです。全スタッフがエンビロンアドバンス資格保有者で高い技術力と豊富な知識力を持ちます。美容医療・エステサロン双方の特徴を生かし、最新の美容皮膚科情報のもと肌質改善と美肌トリートメントのご提案を致します。


2022.07.28

人気記事はこちら

ご要望に合わせた内容はこちら

美肌カウンセリング 初めてのお客様へ