エステサロンツツイ スタッフブログ

【ご案内】
・お肌の悩みに合わせた無料カウンセリングを実施中です。詳細はこちら>>
・一緒に働いていただく方を募集しております。詳しくは採用ページへ>>

  • HOME
  • スタッフブログ
  • ゼオスキンの日焼け止めをご紹介!それぞれの種類や値段、おすすめポイントは?

ゼオスキンの日焼け止めをご紹介!それぞれの種類や値段、おすすめポイントは?

皆さまこんにちは♪

大阪心斎橋ゼオスキン取扱店エステサロンツツイ宮崎でございます。

紫外線が強くなるこれからの季節にピッタリ!

ゼオスキン日焼け止めのご紹介です♪

3月ごろから紫外線の量が一気に増えていきますので今からしっかりと紫外線対策をしていきましょう!

日焼け止めは光老化からお肌を守るためにかなり重要な役割です。

ぜひご自身に合った物を選び日常のケアに取り入れてくださいね(*^^*)

ゼオスキン サンスクリーンプラスプライマーSPF30 PA +++ 

価格:¥8,360(税込)

容量:30ml

色:ベージュ

ゼオスキン サンスクリーンプラスプライマーの特徴・こんな方におすすめ!

スキンケア後はコレ1本?ファンデーションを塗らない人続出です♪

こちらはBBクリーム?のようなクリーミーな日焼け止めで、少量でも伸びがよく、

ベージュ色をしているのでお肌の色むらを均一にしてくれます。

また日焼け止め特有の皮膜感がないので汗ばむ季節でも快適にお使い頂けます!

使い心地もさらっとしていて1年を通してデイリー使いにぴったりな日焼け止めです。

ブルーライトからお肌を保護してくれるので、パソコンやスマートフォンを良く使う方にもピッタリ!

ゼオスキン サンスクリーンプラスプライマーの成分・効果

酸化チタン:紫外線UV-A、UV-Bからお肌を保護。

メラニン:ブルーライトからお肌を保護。

ペプチド:お肌に潤いを与えます。

ZOX12TM:カプセル化したビタミンA.C.Eが塗布後12時間放出し、大気汚染などのフリーラジカルからお肌を保護。

近赤外線A波による早期老化からお肌を守ります。

【ポイント】

・米国皮膚がん協会推奨取得

・生後半年から使用可能

・ノンケミカル処方

BSサンスクリーンSPF50 PA++++ 

価格:¥12,320(税込)

容量:118g

色:白

ゼオスキン BSサンスクリーンの特徴・こんな方におすすめ!

敏感肌の方にもお使い頂ける刺激の少ない、天然ミネラルのサンスクリーンでお肌をやさしく保護します。

SPF50、PA++++なので海やレジャーにもおすすめの日焼け止めです。

白色のクリームで、ツヤ肌になるのでメイク下地としても優秀!

大容量118g入っているのでお顔はもちろん、お体にもふんだんにお使い頂けます。

こちらもブルーライトからお肌を保護する成分が入っております♪

ゼオスキン BSサンスクリーンの成分・効果

こちらもサンスクリーンプラスプライマーと同じで

酸化チタン・酸化亜鉛:紫外線UV-A、UV-Bからお肌を保護。

メラニン:ブルーライトからお肌を保護。

ビサボロール・β-グルカンお肌を滑らかに整え、炎症を最小限に抑えます。

ZOX12TM:カプセル化したビタミンA.C.Eが塗布後12時間放出し、大気汚染などのフリーラジカルからお肌を保護。

近赤外線A波による早期老化からお肌を守ります。

【ポイント】

・米国皮膚がん協会推奨取得

・生後半年から使用可能

・ノンケミカル処方

ゼオスキン パウダーサンスクリーンSPF30/PA+++

価格:¥7,260(税込)

容量:3g

色:ベージュ

製品カテゴリ:パウダー状日焼け止め

ゼオスキン パウダーサンスクリーンの特徴・こんな方におすすめ!

一番分かりやすい特徴は何といっても

日焼け止めとパウダーファンデーションが一つになった画期的な商品!

携帯しやすくパウダー状なのでメイクの上から簡単にメイク直しと紫外線対策ができます。

広範囲のUVA/UVBから肌を守りたい方やブルーライトから肌を守りたい方にピッタリです。

紫外線対策もできるファンデーションをお求めの方にも。

余分な皮脂を抑え、テカリのない明るいお肌に整えます。

ゼオスキン パウダーサンスクリーンの成分・効果

酸化チタン、酸化亜鉛:広域のUVA/UVB保護

メラニン:皮膚の損傷、ブルーライト、遠赤外線に対する防御

クロスポリマー:余分な皮脂を吸収

ZOX12®︎:カプセル化されたビタミンA.C.Eを12時間かけて皮膚に放出し、

乾燥などの外部環境からのダメージから肌を保護。有害な赤外線から皮膚を保護。

ホホバ脂、ホホバ種子種:皮膚バリア機能を保護。

パウダーサンスクリーンの使い方

① カートリッジの蓋を外し容器下部に差し込み、装着してください。

② キャップを取り外し、本体下部を半時計周りに回しブラシを出してください。

③ ブラシを出した後、更に半時計周りに回すと

パウダーの量を MIN MAX の目盛りで調整することができます。

④ 本体を逆さまの状態で使用するとパウダーが大量に出る場合があるため ご注意下さい。

⑤ ブラシは上に引き抜くと外れますので、洗浄していただくことが可能です。

※ カートリッジのみの販売はございません。

パウダーサンスクリーンの注意事項 

日光に当たる15分前に使用してください。

少なくとも2時間ごとに付け直してください。

水泳や汗を多くかく場合は、ウォータープルーフ効果のある日焼け止めを使用してください。

6か月未満の子供の使用については医師に相談してください。

紫外線・日焼け止めの基礎知識

美肌になるには、まずは正しい知識から

ホントに日焼け止め塗らなくても大丈夫?

「冬は日焼け止め塗らなくて大丈夫

「今日はお家にいるから

「曇っていてお日様が見えないから

「最近マスクをしているから」

ここでみなさんと一緒にきちんとおさらい!

お肌に悪影響を及ぼすものを正しく理解し光老化からお肌を守りましょう!

紫外線は夏だけ注意すればよいと思っていませんか?

気象庁のデータによると、3月頃から急激に強くなりはじめ、

5~7月にかけてピークを迎えています。

 1日の中では、10時頃から14時頃までが最も強いとされています。

 また、もちろんピーク時だけ紫外線対策をしたら良いというわけではありません。

紫外線は年中降り注いでいます。屋外だけではなく窓ガラスを通して室内まで侵入してきます。

『外に出る時に日傘や帽子をかぶっているから大丈夫』 

『SPF50、PAプラスの多いものを使っている』

『SPF入りの化粧下地やファンデーションを使っているから対策はできている』

など。

思っている方がいるのではないでしょうか?

何気なく行っている紫外線対策、実は十分にできていない可能性があるかもしれません。

そして、SPFやPA表示を見て日焼け止めを選ぶだけでは危険です。

直接肌に塗る物ですので、しっかりと用途にあっているものなのか、

ご自身の肌悩みに合っているものなのか見極めることが重要だと思います。

…これは日焼け止めに限らず、日々のスキンケアも同じですね♪

曇りでも油断大敵!紫外線A波がお肌に及ぼす影響とは

紫外線A波は浸透性が高く皮膚に当たると真皮層まで達します。

お肌深部のコラーゲンやエラスチンにダメージを与え、たるみやしわの原因に!

季節を問わず降り注ぎ、窓ガラスも簡単に通り抜け曇りでも紫外線A波の影響を受けてしまいます。

1年中日焼け止めを塗った方が良いのはこのためですね。

強いエネルギーをもった紫外線B波がお肌に及ぼす影響とは

紫外線B波は強いエネルギーを持った紫外線で主にシミや乾燥の原因になります。

表皮までしか届きませんが、海やレジャーなどで日焼けをして皮膚が真っ赤になり、ひどい火傷状態になるほどの強いエネルギーを持っているので確実に防ぐ必要があります。

3月頃から強くなるので、この時期に使用しているSPF値を見直すのもおすすめです。

日焼け止めに表示されているPA表示とは?

PAとはUV-A波の防止効果を表しています。

PA      UV-A防止効果がある

PA++ UV-A防止効果がかなりある

PA+++UV-A防止効果が非常にある

PA++++UV-A防止効果が極めて高い

と、4段階に示されています。

日焼け止めに表示されているSPFとは?

SPFの後の数字とは、日光に当たった時に日焼けが始まるのを遅らせる効果を表しています。

SPF1が約20分とされていますのでSPF30だと、20×30600

10時間日焼けを防ぐ効果が期待できます。

ただし、汗をかいたり拭き取ると効果が薄れるので注意が必要です。

日焼け止めの塗り直しやUV効果のあるファンデーションとの併用。

帽子、日傘をする事でより高い紫外線対策が期待出来ます。

最近よく耳にするブルーライトとは?

ブルーライトとは私たちの生活には欠かせないパソコンやスマートフォン、LED等にも多く含まれている紫外線に限りなく近い可視光線です。

お肌に及ぼす影響は紫外線と同じ可能性があると言われています。

ゼオスキンの日焼け止めにはブルーライトからお肌を保護する成分が入っているので、紫外線以外の有害因子からもお肌を守ってくれるのは嬉しいポイントですね。

IR-A 近赤外線A波は紫外線より怖いの?

近赤外線A波とは紫外線よりも波長が長く降り注ぐ量が多く、筋肉にまで到達して筋組織を破壊し、シワやたるみ等の老化の原因となります。

この近赤外線A波からお肌を保護する成分もサンスクリーンプラスプライマーとBSサンスクリーンに配合されています!

活性酸素ってお肌によくないの?

活性酸素とは皮膚を酸化させる不安定で攻撃的な酸素です。

切ったリンゴが茶色くなる現象を酸化と言いこの様な現象は私たちの皮膚にも起こります。

しわやくすみ、たるみや肌荒れなどをおこします。肌老化の主な原因と言っても良いでしょう。

主な発生原因は紫外線、排気ガス、タバコの煙、ストレス、化学物質等と言われています。

ゼオスキンの日焼け止めには独自に配合されたビタミンACEが入っているので、お肌を修復しながら酸化からも守ってくれます。

ゼオスキン日焼け止めと市販の日焼け止めとの違いとは?

①カプセル化したビタミンACEが整えます。

ビタミンA(パルミチン酸レチノール)

お肌のダメージを修復・再生をしてくれます。

やはりビタミンAが入ってるのはゼオスキンの特徴ですよね♪

ビタミンC(アスコルビン酸)、ビタミンE(酢酸トコフェロール)

抗酸化ビタミンがお肌の酸化を防ぎます。

②ブルーライトや近赤外線からもお肌を守ります。

多方面からお肌を守ってくれるゼオスキンの日焼け止めの違いをお分かり頂けたでしょうか?

YOUTUBEも是非みてくださいね♪

ゼオスキン日焼け止めの使ってみた感想・口コミ

サンスクリーンプラスプライマーはマスク生活で簡単にメイクをすませたい方にピッタリだと思いました!

ベージュなのでこれ1本で日焼け止め・下地・ファンデーションができちゃいます♪

クリームというよりムースの様な軽い塗り心地で、意外とマットな感じの仕上がりでした。

カバー力もナチュラルです!

BSサンスクリーンはツヤ感が綺麗にでます!

しっかり日焼けのダメージをカバーしてくれるのに乾燥せず軽いテクスチャーなので使いやすいです。

量がたっぷり入ってるので気にせず全身に使えるのも嬉しいポイント♪

パウダーサンスクリーンはメイクの仕上げやお直しにピッタリ!

本当に少しですがラメ感があるので、お肌が明るくきれいに見えます♪

サラサラのお肌になり、くすみを飛ばしてくれる仕上がりでした。


以上、商品の特徴や紫外線についてお伝えしてきましたがいかがでしたでしょうか?

やはりドクターズコスメというのは成分にかなりこだわって作られているので使っていても安心です。

毎日お肌に塗るものなので、出来るだけ不要な成分やお肌に負担がかかるものは使いたくないですよね。

ゼオスキンが気になる!日焼け止めを使ってみたい!など

商品やお肌のご相談はぜひ一度無料カウンセリングへお越しください。

TEL:0800-700-5530 エステサロンツツイ

 

エステサロンツツイは、大阪心斎橋のツツイ美容外科「メディカルエステ部門」から独立した、美容外科付属のメディカルエステサロンです。全スタッフがエンビロンアドバンス資格保有者で高い技術力と豊富な知識力を持ちます。美容医療・エステサロン双方の特徴を生かし、最新の美容皮膚科情報のもと肌質改善と美肌トリートメントのご提案を致します。

 

エステサロンツツイでゼオスキンを購入する3つのメリット

①あなたのお肌やお悩みに合わせてスキンケアのご提案をさせていただきます

②定期的に検診を設けお肌チェックやアフターフォローのサポートを徹底していきます

③ツツイ美容外科併設の為、ドクターサポートによる医療面からのフォロー体制も完備しています

⇩ゼオスキンオンラインカウンセリングはこちらから

※セラピューティックご希望の方はお電話にてお問合せください

TEL:0800-700-5530 エステサロンツツイ

2022.04.24
このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事はこちら

ご要望に合わせた内容はこちら

美肌カウンセリング 初めてのお客様へ