エステサロンツツイ スタッフブログ

【ご案内】
オンラインカウンセリングは全国からご利用いただけます。詳細はこちら>>

ゼオスキン高濃度レチノール4種類の効果や違いについて

大阪心斎橋ゼオスキン取扱店エステサロンツツイ:浅山です。


ステイホーム中も美肌更新に話題のゼオスキン。

Dr.オバジ発ゼオスキンヘルス With マスク期だからダウンタイムもOK

独自の複合成分によってレチノールをより進化させ、治療のセラピューティックではない高濃度レチノールシリーズでも効果絶大!!

『セラピューティックほど皮向け・ダウンタイムしたくないけど、効果もしっかり実感していきたい!!』

『マスクもするのである程度の反応はだいじょうぶ!!』


そんな方に注目されている高濃度レチノールシリーズ

4種類の高濃度レチノールアイテムのその魅力と爆発的な人気の秘密をご紹介していきます。


ビタミンAの種類について

ビタミンAに種類があるのはご存知でしたか?

同じビタミンAでも効果や刺激が全然違います!!

食事からでも採れるビタミンAですが、今回は皮膚への塗布に特化してご紹介していきます。


ビタミンAには種類によって強さ・肌への刺激・安定性・浸透度など違いがあります

肌への刺激がマイルドで、浸透度の低いビタミンAから順番にご紹介していきます

1.パルミチン酸レチノール

2.プロピオン酸レチノール

3.酢酸レチノール

4.レチノール

5.レチナール

6.レチノイン酸(トレチノイン)




パルミチン酸レチノール:

【ゼオスキン:RCクリーム】【ゼオスキン:デイリーPD】

あるいは【エンビロンモイスチャーシリーズ】【エンビロンCクエンスセラム1.2】などに配合されています。

比較的マイルドでA反応が出にくく、使いやすいのが特徴です。



レチノール:

化粧品で使用できるビタミンAの形態として最も高い濃度になります。

その分、A反応はかなりの確率(ほぼといっても過言でない)で出ます。

アグレッシブに攻めていきたい方向けになります。


レチノイン酸またの名をトレチノイン:

医薬品になるのでクリニックで医師処方の元治療になります。

ゼオスキンでいう【セラピューティック】ですね。


今回は4番目のレチノールについて詳しくお話させて頂きます。


レチノールのメリット・デメリット

メリット

レチノールは化粧品に配合可能

先ほどもご紹介しましたが、レチノールは化粧品で配合できる一番濃度の高い形態です。

医師の処方なしでご使用頂けます。

ただし、ゼオスキン取扱店でしっかりカウンセリングを受けて頂いてから購入してください。

〉〉カウンセリングはコチラ


レチノールは長期使用に向いている

トレチノインは医薬品なので連続使用5ヶ月間になりますが、レチノールは使用期間の制限がないので安心して長期使用して頂けます。


レチノールは刺激がマイルド

トレチノインに比べて刺激がマイルドになるので、生活の制限などなくご使用頂けます。


デメリット

トレチノインに比べて効果はマイルド

刺激がマイルドな分、劇的な変化のでるトレチノインと比較するとレチノールの方が効果の実感は低いといえます。




トレチノインに比べて比較的マイルドとはいえ、化粧品で配合できる最高濃度になりますので、必ずゼオスキン取扱店でカウンセリングを受けてからご使用くださいませ。

 〉〉カウンセリングはコチラ


ゼオスキン高濃度レチノール種類について

レチノール4姉妹は0.25%、0.5%、1%の3種類。

低濃度から肌をならしていくのがBEST。

長期的なアンチエイジングにマストなビタミンA。

レチノールを使いこなせれば、肌は絶対に変化します。濃度やお悩み別の効果を詳しくご紹介していきますね。



ゼオスキン:スキンブライセラム0.25・0.5

濃度:0.25 OR 0.5

お悩み別効果:色むら、しみ

オレオソーム化:表層にとどまり効果を発揮させます。


ゼオスキン:Wテクスチャーリペア

濃度:0.5

お悩み別効果:小じわ

マイクロエマルジョン化:レチノールを微細な粒子にし、より素早く真皮まで浸透させます。


ゼオスキン:ARナイトリペア

濃度:0.1

お悩み別効果:色むら、しみ

オレオソーム化:表層にとどまり効果を発揮させます。


ゼオスキン高濃度レチノール濃度の違い・順番

上記4つの濃度の高さを順番に見ていきましょう。


4つの中で1番マイルドなものが、スキンブライセラム0.25です。

高濃度シリーズが初めての方でも比較的使用しやすいですね。


その次に、スキンブライセラム0.5とWテクスチャーリペア(0.5)です。


最後がARナイトリペアとなります。

こちらは高濃度レチノール初めての方にはお勧めしません。

かなり強く反応がでます!!!

是非、上記3つのステップUPとしてご使用ください。


高濃度レチノール使用方法・使用頻度について

高濃度レチノールは更なる肌質改善を目指してプラス1商品になるので、ラインでお使いください。

エンビロンのプラス1アイテムとしても、Aブーストの代用でもOK



高濃度レチノール使用方法

例)クレンジング ⇒ バランサトナー ⇒ デイリーPD OR RCクリーム ⇒ 高濃度レチノール

高濃度レチノールは浸透しやすい性質なので、一番最後に塗布してください。

※まぶた・首はより強く反応がでまうのでお控えください


高濃度レチノール使用頻度

● 夜のみ使用

● 1週間に2回、連続使用

● 1~2PUSH

高濃度レチノールはお肌状態に合わせて、頻度・量で調整していきます。

まずは週1で1PUSHからお試しください。


高濃度レチノール反応が出る時期

高濃度レチノールは反応が非常に出やすい製品です。

 

月・火  ⇒ 高濃度レチノール連続使用

    ⇒ 反応なし

木・金  ⇒ 反応がでる

土・日  ⇒ 反応が治まる


このように1週間で反応が出る時期、出ない時期があるのでご予定に合わせて使用することが出来ます。

※反応がきつく長期間出るようであれば、高濃度レチノールの使用を一時中断し、肌が落ち着いてから再開してください。

注:高濃度レチノール禁忌事項・使用注意事項

お使い頂けない方

① 妊娠中・授乳中の方

② 皮膚疾患・敏感肌

③ 金属アレルギー・ナッツアレルギー(スキンブライセラム、ARリペア)

④ その他アレルギー


使用注意事項

高濃度レチノール使用中のレーザー治療・ビタミンAトリートメント・ロールキットの併用はお控えください。

反応がでていないタイミングでおこなうなど、カウンセラー・医師にご相談下さい。

エステサロンツツイは併設のツツイ美容外科が同ビルにございます。



高濃度レチノール症例写真

エステサロンツツイのモニター様の症例写真になります。


使用商品:洗顔・バランサトナー・デイリーPD・Wテクスチャーリペア

期間:3か月



結果:シミが薄くなり、数も少なくなっていますね!!全体的にトーンUPしてのも一目瞭然です。

その他症例写真はコチラから


たったの2か月でこんなにも変化が分かる、ゼオスキン・高濃度レチノール!!


A反応を調整しながら、ホームケアだけで短期間で効果が出るのは嬉しいですね。

まずは【ゼオスキン カウンセリング】を受けて頂き、最高のご提案をさせて頂きます。

是非、ご予約お待ちしております♪


オンラインカウンセリングも行っておりますので、お気軽にご相談くださいませ。

オンラインカウンセリングはコチラから

https://www.tsutsui-esthe.com/online/


エステサロンツツイは、大阪心斎橋のツツイ美容外科「メディカルエステ部門」から独立した、美容外科付属のメディカルエステサロンです。全スタッフがエンビロンアドバンス資格保有者で高い技術力と豊富な知識力を持ちます。美容医療・エステサロン双方の特徴を生かし、最新の美容皮膚科情報のもと肌質改善と美肌トリートメントのご提案を致します。


エステサロンツツイでゼオスキンを購入する3つのメリット

①あなたのお肌やお悩みに合わせてスキンケアのご提案をさせていただきます

②定期的に検診を設けお肌チェックやアフターフォローのサポートを徹底していきます

③ツツイ美容外科併設の為、ドクターサポートによる医療面からのフォロー体制も完備しています

⇩ゼオスキンオンラインカウンセリングはこちらから

※セラピューティックご希望の方はお電話にてお問合せください

TEL:0800-700-5530 エステサロンツツイ

2020.12.22
このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事はこちら